石窯製作室


自分で石窯をつくりたいけれども、なかなか難しい・・・
既製品でなく、オリジナルな石窯をつくりたい・・・
地域おこしや森づくりの現場でワークショップをしながら石窯をつくりたい・・・
でも、いくらかかるのか分からない。
メンテはどれくらい大変なのか?
外でつくる場合にはどうなるのか?

そんな方々の、夢を形にするお手伝いをしています。
設計から製作のサポートまで、ケースバイケースでご相談にのります。


石窯製作室は、あくまでも自分で作りたい人のお手伝いをします。

石窯製作室に依頼される方々は、いわゆる既製品に飽き足りない方がほとんどです。ですから、できる限り石窯を自分の手でつくる。そうした気持ちのある方とだけ、石窯づくりのお手伝いをさせていただきます。つまり、お金をいただいて石窯づくりを丸ごと引き受ける、という仕事はしません。お施主様が実際に手を動かしていただくのが大前提です。
限られた予算の中で、身の回りにある自然や風土の豊かさを享受して、そうして作り上げていくのが石窯の醍醐味です。あるいは都会の店舗であっても、その石窯を囲んで豊かなひと時が味わえるかどうか、(石窯がただの見世物になって、スタッフがせわしなく焼き上げるという光景は、むしろ痛々しいですね)その意味でも、じっくり考える時間があったほうが良いと思います。
あまり急いで作ってしまってあとから後悔することのないように、そしてご一緒に考える時間をじっくりとりましょう。



ご挨拶

 

 

 

 

 

 

石窯製作室 須藤 章(すどう あきら)


千葉大学園芸学部を卒業後、海外協力団体スタッフや有機農業の研修に就きました。「自分で育てた小麦でパンを焼く農家になりたい」と思って、東京の自家製酵母パン「ルヴァン」を経て石窯と国産小麦・自家製酵母のパン屋「草の実酵房」を設立。「石窯のつくり方・楽しみ方(農文協)」「石窯づくり早わかり(創森社)」を出版するなかで全国各地の石窯づくりに関わるようになり「石窯製作室」が始まりました。

石窯は農的世界と私たちをつないでくれるパートナーと考えています。石窯をつくる道のりをじっくり楽しんでくださる方のお役に立ちたいと思いながら、既製品の似合わない、様々な場所で石窯づくりのお手伝いをしてきました。交通費さえご負担いただければ、まずは全国どこにでも伺います。石窯は欲しいけれど何から始めていいかわからない方、自分で全部つくれる自信のない方、いったい、何にいくらかかるのか不安という方、どうぞお気軽にお問合せください。